• NEW
商品コード:
MG-014-L~MG-014-M

2 Layer Cowhide(ブラウン)

販売価格(税込):
4,860
関連カテゴリ:
猛禽類 > 猛禽用グローブ
牛表革製。捉鳥部:2重縫い。革厚1.5mm。
裏地:ベルベット。Dリング・革製タッスル付。


ヌバックとは 
皮を鞣した後、内側(裏革)ではなくてその外側(表革)を起毛させて仕上げた革を「ヌバック」と呼びます。今日ではあまり見ることができない、牡鹿の外側(表革)を同様に起毛させた「バックスキン(Buckskin)」をイメージし、その語頭に「新しい」の意味を付けたのが呼称の起源です。
 
内側(裏革)に比べれば明らかにツルツルな外側(表革)ですので、「起毛」と言うよりも「均質に削る」と表現した方が適切かもしれません。それゆえ質感は、スエードよりも更に毛足が短く、キメも細かくなる傾向が強いです。細かい起毛のお陰で撥水性があり、マットでサラッとした感触になるのが特徴です。

スエード・レザーとは、【革の裏面】をサンドペーパーやヤスリ等でベルベット状に起毛させて、 独特の光沢感を引き出させた革で、毛足が短くソフトなものほど上質とされています。
 主に、牛革、ゴートスキン(ヤギ革)、シープスキン(羊革)等の革が使われることが多いです。
 ちなみに【スエード】という技法名は、スウェーデンで考案された技法ということが名前の由来。

バックスキンとは、【オス鹿の革の】銀面(革表面)をサンドペーパーやヤスリ等でこすって、
ビロード状に起毛仕上げさせた革のことです。バックスキンの由来は文字通り【オス鹿の革(BUCK)】から語源がきています。
  
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。